前へ
次へ

インプラントの治療の大まかな流れ

インプラントの治療は、数段階に渡ります。まずは通院です。そのネジ状の歯の治療を受ける為に、歯科医院に訪問してみる訳です。クリニックの待合室で問診票などに記入して、医師に状況を確認してもらう事になります。状況を確認するのは、口頭だけのやり取りだけではありません。そもそも口頭のやり取りだけでは、情報不足になってしまいかねません。歯の治療は慎重に行う必要がありますし、口内の十分な情報を集める為に、検査を受けるのが一般的です。多くの歯科医院では、レントゲン撮影が行われます。しかしレントゲン画像だけでは情報不足になってしまうので、クリニックによってはCT検査が行われる事もあります。それで口の中の状況を確認した上で、ネジ状の歯を設置できるか状態であれば、改めて後日に治療を受ける事になる訳です。どのような形で治療を行うかというと、まずは麻酔です。そもそもネジ状の歯を取り付けるにしても、まずは穴を開けなければなりません。歯茎に穴を開けない事には、歯を取り付けるのも困難だからです。ただ何も麻酔を使わずに穴を開けるのは、かなりの激痛を伴ってしまいます。ですから一旦は麻酔を使った上で、改めて歯茎に穴を開けていくのが一般的です。どのような麻酔が使われるかは、歯科クリニックによって異なります。穴が開いたら、まずはインプラントの胴体部分を設置します。そのネジ状の歯は2つのパーツで形成されていて、胴体部分と頭の部分があります。一旦は胴体部分を設置した上で、改めて頭の部分を取り付ける訳です。ちなみにクリニックによっては、胴体部分をフィクスチャーと表現している事もあります。そして頭の部分も取り付けたら、一旦は歯茎でカバーをします。そして、後日に改めて冠のようなパーツを取り付ける訳です。歯茎の状態などを慎重に確認しつつ、そのパーツを取り付けていきます。そして数ヶ月ほど様子を見てみて、特に何も問題なければ治療完了です。

温度表示がわかりやすいSSCの赤外線センサー

国内ただ一社の技術保有企業
他社にはまねできないセールスサポート体制を整備しています。

集客は東京を拠点にWEBを使うと良い理由

未来マーケティング
WEB集客のことなら私たちにお任せください

Page Top